モニター用ヘッドフォン現役復帰とオーディオインターフェイス

レコーディングという作業に自分なりの意義を見い出すのが難しくなっていったこととアナログからデジタルへの移行パスが今一いい感じに描けなかったこともあり、レコーディング関係の機材をみんな処分してしまってから何年経つか。

交換部品到着待ち。

泉 Isme 林 les Boisさん(@hayashiisme)がシェアした投稿 –

最近は大がかりにせんでもデジタルベースで必要なことができそうになってきたこともあり、そろそろ環境を整えて行こうかと思ったときに、目に止ったのはモニター用のヘッドフォンSONYのMDR-CD900ST。普通に生活してて音楽に触れてる場合こんなもの必要ないのですが、何故処分されなかったかといえば、使うからではなくて単にイヤーパッドはぼろぼろだし、どうもエフェクターのヘッドフォン端子にさしても鳴らなかったりするしで、捨てる以外ないかと放置していたというわけ。

しかし、今後またヘッドフォンも必要になるなあ。

鳴らないというのがあったんで、買い替えてもいいかと思ったのですが、同機種でもそんなに安くはないしあらためて選ぶのもめんどくさい(モニター用途とリスニング用途で要求されるキャラが違うので葛藤が…)、もし鳴らないトラブルが直ったらパーツ交換してまた使おう。

というわけでまあオーディオインターフェイスは必要なんで(なくてもイける目算はあるけども、そこまでやると要らない自慢の世界になりそうなので)、LINE×1、MIC×1のオーディオインターフェイスを入手してヘッドフォンを繋いだら最初は鳴らなかったのですが、プラグをいろいろちょこちょこやったらバッチリ鳴りはじめた、ラッキー。

というわけで、さらに交換部品のイヤーパッドとウレタンリングを注文して、無事換装、現役復帰となりました。

早速いつものソース(といってもSteely Danの”Aja”とかYesの”Close to the Edge”、”Fragile”とかCrimsonの”Lark’s …”、Beatlesの”Abbey Road”とかそういうのですが…)で確認すると、鳴ってる鳴ってる…、けど、アレ?こんな音だったっけ?というのが第一印象。

多少こちらが忘れているというのもあるんでしょうが、なんかエラくドンシャリに聴こえる。イヤーパッドを替えただけでもかなり音は変わるという記事もあったけれどそれだけなのか、これオーディオインターフェイスのヘッドフォンに行くD/Aのせいじゃないかい?

交換部品到着。成田→つくばはいつも速い。

泉 Isme 林 les Boisさん(@hayashiisme)がシェアした投稿 –

レコーディング機器の価格破壊が進んで大分経ちますが、実はやっぱりこういうところでケチってるんじゃん?というのの代表がヘッドフォン出力だったりするのですよね。まあ別に特別いい音じゃないとヤだとかいいはじめるとまた切りがなくなるし、取りあえず買っちゃったのでこのI/F使おうと思いますが、実はちょっと中途半端な選択だったかと後悔もしていたり。

そもそも今やケーブルの片方がUSBになってて楽器やマイクを直接繋げるなんてのも出ている世の中、スピーカーから音を出すわけでもない(Bluetoothになってる)のに何故オーディオインターフェイスを導入したかといえば、ヘッドフォンの復帰以外に、USBのケーブルだとコンデンサマイクが使えるのがない、というのがありました。最近はTCのグループになったBehringer、TCの、いや、同じグループのMIDASやTANNOYなんかも、ワタクシなどが手を出すような低価格品は中身はほぼBehringerでは?しかし、それはそれでなかなか気に入ったものが多いんで、以前にもましてBehringer好印象だったのですが、とはいえ、考えてみたらマイクはステレオで2ch要るよなあ…。今回買ったUM2は違うけど、2chのUMC202HDのMICプリはMIDASデザインらしいし…、でもサイズが大きいかなあ。

まあ、ちゃらっと使うにはコンデンサーマイクは面倒だし、メモ程度やとっかかりはダイナミックマイクと楽器をUSBケーブルで接続というのがよいかもしれないです。

とはいえ、これを書いてる間にも聴き続けていてもう慣れてきたようにも思えるので(耳はすぐ順応するのだ)、しばらくはこれで我慢することにして、その間にUSBケーブルの具合を試してみようかと思うワタクシでした。それとは別に一つ、よかったのはDIRECT MONITERが付いてるので、今までずぼらな性格も反映してめちゃめちゃいい加減だった楽曲コピーのクオリティを上げるのに貢献しそうな。

USBケーブルが使えるようなら、オーディオインターフェイスはMIC×2のに置き替えて持ち出し専用にして普段は使わず、モニター用途にはヘッドフォン専用のD/Aというのが美しいのかなあ。以前部屋で使ってたStereo Sound付録のデジタルアンプも改造でヘッドフォン用にできるみたいなんですが、これも今や小さくて安いのがいろいろあるようですねえ。つい魔が差してApogeeのGrooveとか買っちゃったりして…。