タグ別アーカイブ: 弾き語り

連休入りでやっと五月の予定

GWの五月。泉のライブ、セッション等の予定をざっくりベースでおしらせします。

  • 5/4(金) Kashow Session ホスト
    @北千住 KNOCK
  • 5/5(土) Bon’s Carefree Session ホスト
    @綾瀬 CHESS
  • 5/16(水) 第77回 Beatles Session Meeting
    @北千住 KNOCK
  • 5/19(土) AKI BLUES TRIO ライブ
    @阿佐ヶ谷 OIL CITY

Beatles Session Meeting、アルバムピックアップは”Let It Be”です。

Jacksone Browne、Stephen Stills、Neil Young、Paul Simon、村井邦彦、山下達郎、David Bowie、Elvis Costello、Billy Joel、…もちろんBeatles。

十二弦とともに各所Open Mic.イベントを回り始めて最初の月第一クールに唄った曲の作者。

予定が許せば週に一回程度、複数のお店に通ってこのお店ではこの路線と決めてしばらく回っていくつもりにしたのですが、やってみてわかったのは毎週だとえらく疲れるということw ほんとはまだまだ人に隠れて練習に励んだほうがよいくらいなので余計なのでしょうが、しかし練習もどこかでやることを前提にしないとやらないし、どんな形であれ、俎板に乗ってみるとOKなところダメダメなところがはっきりわかって練習の目処もつけやすい。

今のところ日本語の唄、いわゆるアメリカンなRock/Pop、ブリティッシュをやるところというのはできてきたので、Soul、R&B、Funkな弾き語りができるところでもう一つ増やしたいかなあ。

十二弦ギターは手強くてしかもどう弾くのがベストか模索中でもあり、先月一ヶ月の間でも指で弾いたりサムピックつけたり、フラットピックと指を混ぜたりで腰がおちつかないことこの上なかったですが、十二弦のよさを出すには指よりピックのほうがよい感じがするのでしばらくピックを持つことになるだろうと思います。

理想はフラットピックと指を混ぜるんですが、2/3フィンガーはなかなかちゃんと音が出ないんだよなあ…。

壁と十二弦と四月の予定

新年度。泉のライブ、セッション等の予定をざっくりベースでおしらせします。

二代目の十二弦

泉 Isme 林 les Boisさん(@hayashiisme)がシェアした投稿 –

  • 4/6(金) Kashow Session ホスト
    @北千住 KNOCK
  • 4/7(土) Bon’s Carefree Session ホスト
    @綾瀬 CHESS
  • 4/18(水) 第76回 Beatles Session Meeting
    @北千住 KNOCK
  • 4/21(土) AKI BLUES TRIO ライブ
    @阿佐ヶ谷 OIL CITY

新年度開始月のBeatles Session Meeting、アルバムピックアップは”A Hard Day’s Night”です。

ロッドが回り切っててネック調整ができず、大変弾きにくかった初代の十二弦を去年のうちに手離してましたが、二代目がやってきました。

そもそもはここ半年か一年くらいの間に、最初は薄ぼんやり、しまいには確信できてしまうくらいに自分の前に壁があることに気づいたこと。それに対処するとしたら一人で弾き語りで昔から歌っている曲、これから歌いたい曲をやってみるのがいいのかなと思い始め、やっぱり生ギターがないとマズいなと思ってたところ。

可処分所得の増加を待てず(そんなもんがこれから増えるのかというのはさておき)、たまたま見つけた爆安十二弦エレアコを入手してみるということになりました。

十二弦というとどちらかというと繊細なモンじゃないかというイメージがあるかもしれません。しかし、実際弾いてみるとわかりますが、これってあまり楽器のクオリティって気にならないんですね。ましてやエレアコだし、チューニングさえ合えば後はどうにでもなるのでは?という目論見はだいたい当ってたようです。もちろん、いい楽器ならいい楽器の分の音はするんでしょうが、今はそこを追い求める必要もないかなと。

最近弾いてるエレキと同じく見た目も高級感には程遠いですが、まあその辺は自分の演奏にも合ってるということで。

そんなわけで、今月からはこれまでに加え、アコースティックのオープンマイク的なイベントにもどんどん参加していきたいと思ってます。

写真は先日の北千住KNOCKの「”飛び入り” Knock on アコナイト」でのもの。出音に馴染あるこのイベントでしっかり目の前の壁の高さを確認しました。

というわけで今月も進む君、どこかでお会いできたらよろしくです。